研究会からのお知らせ

第2回 感染&産業部会合同企画WEBセミナー
新型コロナウイルス対策 ~ウィズコロナ(共存)の時代に~
【日時】2020年10月31日(土)
第一部:1400-1510
第二部:1520-1630
 COVID-19の感染拡大から、ウィズコロナ(共存)の時代に・・・。
 先日の感染部会と産業部会の初めてのコラボWEBセミナーは、皆さまのご支援、ご協力を賜り、 無事に終えることが出来ました。そして、今回は、皆さまからの要望も多く聞かれましたので、第2回の WEB開催することにいたしました。ぜひ、ご参加くださいますようお願いいたします。

第一部:トピック「ウィズコロナ(共存)の時代への一歩
  座長:吉川徹(FT研究会産業部会代表)
  1. 特別講演:黒須 一見(国立感染症研究所)
    COVID-19における呼吸器保護具の管理(保管、適正な着脱、使用に関する注意点、再使用)
  2. 特別講演:草場 恒樹(株式会社モレーンコーポレーション)
    PPEが枯渇した原因と対策

第二部:事例紹介から学ぶ長引く可能性のあるCOVID-19への対策 Part2
  座長:長瀬 仁(FT研究会感染部会事務局)
  1. 丸茂 陽子(防衛医科大学校病院 看護部)
    今こそ 立ち向かえるチームになろう
    〜自部署とCOVID-19対応病棟に勤務してみえてきた課題 あるべき姿とは〜
  2. 横井 博子(公益社団法人日本海員掖済会名古屋掖済会病院 感染対策室)
    当院におけるCOVID-19疑い患者の救急搬送受け入れ状況と課題
  3. 木村 将和(中国電力株式会社中電病院 感染対策室)
    民間病院におけるCOVID-19流行状況に応じた対応計画の立案,およびN95マスクを含むPPEの運用の難しさ
本セミナーの参加受付は終了しました

2020年度前半予定の変更についてのお知らせ

 2019年末に発生しました新型コロナウイルス感染症(COVID-19 )の動向に鑑みて、先にお知らせした予定について変更をさせて頂くことになりました。
 すでにご予定頂いている段階でのご連絡になりましたことお詫び申し上げます。ご理解とご了承のほどよろしくお願い致します。

第5回総会及び懇親会
 今年度の総会は、書面開催での審議と致します。議事内容を4月中~下旬にメーリングリストにて送付いたします。書面にての議決権の行使をお願いいたします。 懇親会は中止させて頂くこととなります。ご理解くださいますようお願い申し上げます。

第93回産業衛生学会自由集会@旭川
 実地開催が中止となりました。
日本産業衛生学会HP
https://convention.jtbcom.co.jp/sanei93/)
 誠に残念ではございますが、当研究会の自由集会も開催ができなくなりました。最新情報等はホームページやメーリングリストで共有させて頂く方向でおります。 次年度の開催を楽しみにしております。

第3回産業用フィットテストインストラクター養成講座
 2020年6月4日若しくは11日(木)予定で進めておりますが、今後の感染拡大等がございましたら、延期させて頂くこともありかと思います。ご理解くださいますようお願いいたします。

 これまでのセミナー・集会の記録は こちら

ニュース

2020/08/12
「金属アーク溶接等作業を継続して行う屋内作業場に係る溶接ヒュームの濃度の測定の方法等」が告示されました。
「金属アーク溶接等作業を継続して行う屋内作業場に係る溶接ヒュームの濃度の測定の方法等」(令和2年厚生労働省告示第286号)の施行について(基発0731第1号令和2年7月31日)(PDFファイル)
今回の告示では、呼吸用保護具の装着の確認関係」において、屋内において金属アーク溶接等の作業を行う労働者に、フィットテストの実施が義務づけられました。以下は、告示の抜粋です。
「事業者は、選定された呼吸用保護具を労働者が適切に使用できるよう、当該労働者に初めて呼吸用保護具を使用させるとき、及びその後1年以内ごとに1回、定期的に、当該労働者に当該呼吸用保護具の防護係数等を適切な方法(定量的フィットテスト)により確認し、その結果が防護係数(フィットファクター)の基準値を下回らないようにする。また、その結果を記録し、これを3年間保存する。」
2020/06/12
一般社団法人 職業感染制御研究会、一般社団法人 日本環境感染学会、フィットテスト研究会感染部会・産業部会は、新型コロナウイルス感染症流行における呼吸用防護具製品の適正使用が十分でない諸情勢に鑑み,下記PDFにあるように注意喚起を出しました。
2018/10/03
高純度結晶性シリカの取り扱い作業に伴う留意点について、関係各所に通知がありました。 結晶質シリカはじん肺則および粉じん則に定める「鉱物等」に該当することから、十分な粉じん曝露防止措置をすること、作業場所の湿潤化又は発散源の密閉化が十分でないときには十分な防護性能を有する呼吸用保護具を使用させることなどが通知されました。以下のリンク先の別添に、指定防護係数、マスクの種類等も記載されています。 リンク先(三重労働基準協会連合会)
2018/09/12
アーク溶接で防じんマスク使用させず 相模原労基署が「事前送検」
2018/04/28
有機粉じんによる肺疾患の防止について関係労働局に通知がありました。
2017/07/16
「アーク溶接に関する防じんマスクのパンフレット(一般社団法人 日本溶接協会 安全衛生・環境委員会)」が公開されています。
2017/06/01
厚生労働省から、「呼吸用保護具(防じんマスク)の使用範囲拡大について 鉱物運搬船倉内の清掃作業等に呼吸用保護具の着用が必要になりました」(平成29年6月)PDFが発行されました。
2015/10/21
身近で忘れ去られた脅威 企業は被災時のアスベスト対策をおこたるな!(スリーエム ジャパン株式会社)